今年人気のランドセル|小学校へ入学するお子さんやお孫さんに!

家族

日本の伝統行事

端午の節句

日本には子供たちの健康や厄除けのための行事がいくつかあります。自分の子供が健康で大きな怪我をすることなく、スクスクと育って欲しいと考える親の気持ちはいつの時代も変わりません。端午の節句や桃の節句も子供たちの無病息災の意味が込められています。
他にも昔からの伝統があります。羽子板や破魔弓を初正月にお子さんにプレゼントすることです。破魔弓とは魔除け・厄除けのお守りの役割があります。お子さんが生まれて初めての正月におじいちゃんやおばあちゃんから贈られるものです。生まれて一年足らずの赤ちゃんがこれからの長い人生を健康で元気に成長できるようにと願いを込めて、初正月の縁起の祝い物となっています。

羽子板や破魔弓は飾る時期が限られています。一般的に12月の中旬から1月15日頃まで飾っているご家庭が多いでしょう。これには意味があります。年の暮れから新春を迎える時期を病気になることなく健康に過ごしてほしいという願いが込められています。
破魔弓は現在も昔と変わらない伝統的な技術と方法で制作している工房もあります。その工房で販売されている破魔弓は美術品としても美しく迫力のある仕上がりとなっています。価格もコストを抑えた安価な破魔弓から、豪華絢爛の高級感のある破魔弓まで幅広く商品展開が魅力です。その破魔弓も職人の方が時間と手間を惜しまずに細部まで丁寧な仕上がりとなっています。お子さんやお孫さんの一生に一度の行事の贈り物ですので、悔いの残らない買い物をしてください。